ヘクサ事業部
2,000〜800トンクラスのダイカスト製品から
LP・GD鋳造品までの中小のアルミ鋳造部品の
素材仕上げに威力を発揮。
アルミダイカスト製品のシステム開発における独創技術の蓄積。
今、製品メーカーに求められる「品質保証での高い信頼性実現」「生産現場におけるローコストの達成」「安全と環境への配慮の徹底」の3要件を高いレベルで調和させています。
「スーパーフィニッシュ」が実現した高い機能をそのままに、さらに省スペース、加工時間の短縮、導入費用の低価格化、環境配慮などを実現したコンパクトモデル“ROBOX”の製品化を達成しました。
中型・小型ワークのシリンダヘッド、シリンダブロック、ミッションケースなどの素材仕上げ工程で数々の新機構によって進化しました。
ムービーを見る 省スペースを実現
高精度・高速加工
安全と環境への配慮
ムービーをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
左のバナーより、マイクロソフト社のダウンロードサイトに移動できます。
SPACE UTILITY
独創の縦型機構で省スペースを実現。
ROBOXは、大きく省スペース化を実現するために縦型機構を採用しました。
本体サイズは2,025mm(W)×3,578mm(H)×2,450mm(D)とコンパクト化し、素材仕上工程を大きく省スペース化することが可能になりました。L字型2軸ヘッドの高機能化、小型化がもたらした恩恵の一つです。
ECONOMICAL
4軸同時制御で、仮想5軸制御、ローコストの決め手です。
ROBOXにおける最も革新的な機構は、L字型2軸ヘッドを採用したことによりNC4軸制御で縦1面+横方向4面の5面加工が可能となりローコスト化も実現しました。
SPEEDINESS
小型化が生んだ高速処理性能。
新機構L字型2軸ヘッドが左右(X軸)、上下(Y軸)を移動し、その下面に設置されたテーブル(640mm×450mm)が前進・後退(Z軸)・回転(B軸)をそれぞれ分担することで、X・Y・Z軸で40m/min.、B軸で240°/sec.の高速4軸制御が可能になりました。しかも、この新機構ヘッドは主軸が回転したままでのツールチェンジが可能(新案特許出願中)、これにより主軸回転の立ち上がりのロスタイムが無くなりました。これらの機構の組み合わせにより、高速加工が実現しました。
その他の特徴
ENVINONMENT 環境に配慮したドライ仕上げ
クーラントを使用しないドライ切削で離材の再利用が可能です、しかも切屑の飛散対策も万全。環境にも安全にも十分な配慮をしています。
※条件により、ミスト潤滑によるセミドライになります。
ENVINONMENT 環境に配慮したドライ仕上げ
TEACHING ロボット並のティーチング性能
これまでは非常にやっかいで時間を要したティーチング処理を、手の感覚の延長で簡単処理できる「ティーチング・ペンダント」方式を装備。ダイヤルを回しツールをワークに当て入力ボタンを押すだけでOKです。
TEACHING ロボット並のティーチング性能
DIAMOND TOOL 耐久性抜群のダイヤモンド・ツールを採用
鋳造直後の高温下での仕上げを可能にし、切削抵抗を極小化するためにダイヤモンド・ツールを採用。ツールの長寿命化によりランニングコスト低減にも貢献します。
DIAMOND TOOL 耐久性抜群のダイヤモンド・ツールを採用

会社概要製品紹介ヘクサ事業部システム開発求人情報メールトップへ
Copyright(C) KGK CO., LTD. All rights reserved.