ヘクサ事業部
高速処理。ダイカスト製品とLP・GD鋳造品までの中小のアルミ鋳造部品の素材仕上げに威力絶大です
当ケージーケーでは、アルミダイカスト製品の仕上げ技術を市場ニーズにさらにマッチさせました。当社の「スーパーフィニッシュ」が実現した高い切削技術を継承した小型機“ROBOX”をさらに高速化、小型化した『BARIO(バリオ)』を開発しました。BARIOは、加工軸のスピードをアップし、合計5軸制御による多様な加工、コンパクト化による扱いの良さ、環境に配慮した設計、そして魅力的な価格設定とお客さまにご満足いただける製品となっております。
ムービーを見る 高速・高精度加工
省スペース・高効率
安全と環境への配慮
ムービーをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
左のバナーより、マイクロソフト社のダウンロードサイトに移動できます。
SPEEDINESS
新機構の高速スピンドルユニットを開発
バリオの主軸回転数はスーパーフィニッシュの約2倍。さらに直同軸3軸と回転軸2軸(スピンドル、テーブル)との組み合わせにより、合計5軸で多様な仕上げに対応。また、ツールは耐久性抜群のダイヤモンド・ツールを採用。ツールの長寿命化によりランニングコストも軽減しました。
COMPACT
コンパクト化と機械軸移動量の確保
各移動軸のレイアウトを刷新し、軸ストロークの適正化によって機械幅1400mmクラスの機械ではトップレベルの軸ストローク量を確保しました。また、スーパーフィニッシュ比50%もの所要床面積削減も併せて実現しました。設置面積の半減によって、同台数ではライン長が半分程度に短縮されます。
UTILITY 治具テーブルへの接近性が向上
具テーブルの高さをスーパーフィニッシュ比30%ダウンの950mmに、治具テーブルの中心までの距離を30%カットの465mmに。作業扉と治具テーブル、スピンドルユニットへの距離を短縮したことで、段取り替えやティーチング等における作業者の負担を大幅に軽減しました。
その他の特徴
TEACHING ロボット並のティーチング性能
これまでは非常にやっかいで時間を要したティーチング処理を、手の感覚の延長で簡単処理できる「ティーチング・ペンダント」方式を装備。ダイアルを回しツールをワークに当て入力ボタンを押すだけでOK。プログラムは最大400個まで登録可能です。
ENVINONMENT 環境に配慮したドライ仕上げ
TEACHING ロボット並のティーチング性能
クーラントを使用しないドライ切削で離材の再利用が可能。しかも切屑の飛散対策も万全。環境にも安全にも十分な配慮をしています。
※条件により、ミスト潤滑によるセミドライ になります。
DIAMOND TOOL 耐久性抜群のダイヤモンド・ツールを採用
駆動部軽量化の機構改善が、エアー消費量と電力消費の20%削減。またリニアガイド自動給油装置付で、潤滑油消費量をスーパーフィニッシュ比1/250に抑えました。
DIAMOND TOOL 耐久性抜群のダイヤモンド・ツールを採用

会社概要製品紹介ヘクサ事業部システム開発求人情報メールトップへ
Copyright(C) KGK CO., LTD. All rights reserved.